普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

枝肉共励会

2014.08.22

 先日のブログで紹介しましたが、管内のおもな肥育農家は1戸です。
 それでも、ほかに和牛繁殖肥育の一貫経営で、数頭の肥育をされている方もいます。
 もちろん昔は多くの肥育農家があったと思いますが、社会の時流ゆえか、減少した次第。


 そんな少ない中ですが、秋に開催される地元佐伯市の肉用牛共進会の、枝肉の部として開催されました。
 本県の和牛枝肉に関する課題はいろいろありますが、今回の結果としては、やはり枝振りが芳しくないの一言です。要は、赤肉が少ないのです。果たして他県の状況と比べると、一概に肥育農家さんだけの技術によるものではないと思いますが・・・・


 いずれにしても、できるところからやって、結果を変化させていきたいと考える次第です。
 やはり、まずは重量。正肉歩留・・・・要は赤肉部分の充実です。もちろん、そこがきちんとされれば、脂肪交雑もそれなりに伴うことは、言うまでもないことと考えています。


blog_shiosaki36_1.jpg
実は、この風景がすべてを物語っているのです

blog_shiosaki36_2.jpg
検討会では、いかにして枝肉の赤肉部分を増加させるかについて、さまざまな要因から話しました

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る