普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

大分型放牧実証が終了

2014.07. 8

 40日間にわたる大分型放牧の実証が終わりました。
 写真のセンスがいまいちですが、なんとか比較することができます。


blog_shiosaki31-1.jpg  blog_shiosaki31-2.jpg
左 :①入牧 5月7日 / 右 :②40日後の風景


blog_shiosaki31-3.jpg  blog_shiosaki31-4.jpg

左 :③おおよそ同じ角度からですが、①②の反対側です
右 :④背景の山の形に合わせてイメージしてください


blog_shiosaki31-5.jpg  blog_shiosaki31-6.jpg
左 :⑤ ③④を反対側から見ています
右 :⑥季節が進んで背景の木も茂っています


 形はどうであれ、牛を飼養管理する以上、メリット・デメリットはありますが、農地(特に遊休化・荒廃した)を保全管理する上からは、明らかに省力化のメリットがあるように思いますが、いかがでしょうか。

 管内の畜産技術者の集まりによる実証展示という形で行いましたが、周囲の無家畜農家さんからも「良いですね~、時々餌をやってます」という声が聞かれたり、「別の場所でもやりたいけど・・・・」という問い合わせも出てきましたので、普及活動としては、ひとつ段階が進んだものととらえています。

 実際、もう少し放牧しておけば、まだまだ雑草は減ると思いますが、借り物の牛さんが少々やせてきたこともあり、終わり時としました。
 全国いろいろな場所で行われていることとは思いますが、よくよく考えれば、日本の本来の農村風景ではないかとも思う次第です。

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る