普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

今年度の大分型放牧

2014.06. 3

 「大分型放牧」については、昨年度紹介したところですが、春になって市役所の担当から、ここでやってみてはどうかとの打診がありました。
 この地区はあまり畜産農家がいないところですが、集落営農の代表者が労をとってくださり、地主さんとも話が進みました。とりあえずは、管内の畜産技術者協議会で実証展示しよう、ということにしました。


 水気の多い、何を作るにも不便な水田で、見てのとおり葦のやぶです。
 日陰もないので、鉄パイプで移動可能なえさ場を作りました。実はこれがないと、撤収の際に牛を捕まえるのも大変です。


blog_shiosaki28-1.jpg
葦の藪がどうなるか、約1カ月の実験です


blog_shiosaki28-2.jpg
彼女たちは、ここで餌がもらえると思っています


blog_shiosaki28-3.jpg
水路をせき止めて、水飲み場を作りました


 またしばらくたったら変化をご紹介します。

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る