普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

法人化研修会

2014.05.28

 農業経営を法人化する、というと個人経営がそのまま法人化するイメージがある一方、集落営農が法人化するという形があります。
 いずれにしても、法人化は経営展開のひとつの手法でしかないと思いますが、中には法人化がゴールになっているような空気感も見られます。

 行政の施策が背景にあると、どうしてもそのために進めるという空気感は否定できないことがありますが、きちんと営農のシステムができあがっていれば、何ら問題はないかと思います。
 また、法人化のメリット・デメリットはよく議論されますが、法人化しようとする経営体や集団において、要は何をもって経営の核とし、何によって経営のゴーイングコンサーンを確立していくか、この認識が構成員に共有されていれば、メリットもデメリットも柔軟に捉えることが可能であると考えられます。


 今回の研修会は集落営農の法人化がテーマでした。
 さまざまな集落の条件が異なる中、優良事例の報告の中から、自分たちの状況に対してしっかりと役立つものを吸い上げて、次の経営展開に進んで欲しいと思う次第です。


blog_shiosaki27-1.jpg
いよいよ始まります。司会は普及の先輩が協力してくれました。超ベテランです


blog_shiosaki27-2.jpg
薄暗いスライドショーでも、バシッと聞いています

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る