普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

所内での経営研修会

2014.01.23

 今回は所内での経営研修会です。
 県全体の研修会に参加したメンバーの研修報告会を行い、それを受けて私が1時間ほど、経営指導するときの考え方なりを事例を交えて話しました。


 報告のあった県の研修会は、キャッシュフロー作成に当たっての内容で、前期末と今期末の決算書を用いて作成する内容などが報告されました。
 私からは、園芸品目などは1年間を通じて収入のある時期とない時期があるので、キャッシュフローを作成する場合は、できれば、残高だけでなく、期中のお金の動きに注意して作成する方がよいこと。また、それを助けるため、毎月の締めを行い、残高試算表を作成していくこと。それがあれば、残高試算表を並べるだけでも、資金繰りの状況がわかることなどを伝えました。

 そして、過日行っていた、県全体での3年目普及指導員の経営研修会で話したスライドを使って、普及方法チックな経営指導方法、その時の心得などを話したところです。


blog_shiosaki22-1.jpg
報告のあった研修内容を補足しています。現場では何があるかわからない。経営指導に筋書きはありません


 私自身は、特にマニュアルもなく、新入りの頃も今ほど経営視点からの普及指導活動が重視されていなかったような環境で育ったと思い出されますが、いかがでしょうか。


 研修会を終えて、何人かに感想を聞きましたが、「図星でした」という声がありました。
 普及経験の年数によるのか、あるいはそうした問題解決の現場に当たった回数によるかはわかりませんが、普及指導員、普及の業界の顧客育成は、どうなっているのかと、何かあるたびに思います。


blog_shiosaki22-2.jpg
参加者は、実は若手だけではなかった・・・・

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る