普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

子牛市場

2013.12. 4

 今回の家畜市場は、管内から出荷された牛を追いかけました。
 最近は、子牛が高値で売買される傾向が続いています。肉用牛担当としては、繁殖農家はいいけれど、購買者の側である肥育農家の経営は大丈夫かと、気になります。


 昔、肥育の経営を表す言葉に「素牛半値」という言葉を聞いたことがあります。
 これは、肥育農家が肉牛を販売した際、その仕入れとなる子牛の価格が、売上の半分を占める、という意味合いです。残りの半分で、飼料代やその他の経費、収入を確保するわけです。

 最近の子牛の相場では、それなりの技術や流通を確保しないことには、その利益の確保が大変であろうことは、容易に想像がつきます。
 また、一方では、そうした高値相場の中で、なかなか高値で販売できない繁殖農家があります。
 色々な要因を探っていくと、こうした農家は、得てして育成技術に原因があるようです。
 要は、他者や周辺環境ではなく、主として自分の行動責任において、安く落札されていることが多いのです。つまり、牛を作る、と、単に牛を飼っている、の違いでしょうか。


blog_shiosaki18-1.jpg
今から売られていきます


blog_shiosaki18-2.jpg
体重を量っています


blog_shiosaki18-3.jpg
セリ場の状況です。私は管内の牛については、体重とセリ開始価格と落札価格を記録しています

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る