普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

牛の戸籍づくり

2013.07.24

 私たちは「子牛検査」と言ってます。
 人間は指紋が一人一人違いますが、牛さんは、鼻の模様が1頭ごとに全部異なります。人の指紋同様に、大まかな形には分類されますが、とにかく全部違うのです。


 これを「鼻紋」といいますが、鼻つらに墨を塗り、和紙で写し取ります。
 もちろん母親牛も子供の時にそうしてきてますから、この子牛はこの母親牛の子供であるとの証明に、母親牛の鼻紋もとり、登記簿を作るのです。
 農家さんは子牛が生まれるたびに、この子牛はこの母親牛の子だと、きちんと把握しておかねばなりません。


blog_shiosaki8-1.jpg
牛の登記簿にはこんな感じで貼り付けます。
この横には、両親、祖父母、曾祖父の名前や、登記番号が載ります


 厳しい規則もあり、これに違反すると、その子牛は黒毛和牛としての証明書がもらえなくなります。つまり、戸籍のない牛になってしまうのです。


 この登録業務を専門に行う、和牛登録協会という公益法人組織があり、黒毛和牛の育種的な証明がされるようになっています。乳牛を毛染めで黒くしても、鼻紋は誤魔化せないのです。
 ですから、こうした現地での作業も、登録協会の定める資格が必要な仕事になります。


blog_shiosaki8-2.jpg
ローラーで墨をつけて和紙で写し取ります。
農家さんが子牛を繋いでおいてくれると、作業は早く進みます。


 ところで、これまた、いまどきの普及活動なのか・・・・、といわれそうです。
が、この時こそ、牛舎に入り、臭いをかいで、目で見て、時にはJAさんが作業している時に、気がついたところを農家さんと語らうのです。そして、その農場の問題解決の糸口を見つける・・・・。もちろん関係機関との連携も強化できて、一石二鳥です。

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る