普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

子守をしながら追い込み作業

2018.03.26

 複合経営農家のWさん。肉用牛担当のMさんを経由して相談がありました。
 「今まで両親は白色申告でしたが、今年からは私たちが青色申告します。どうしたらよいですか」とのこと。昨年来時々Mさんと訪問して、今までの帳簿などを見せてもらいながら、色々な状況をお聞きしました。


 ご夫妻ともに商業高校出身で、ご主人は他業種からのUターンで就農されたそうです。こんな場合は、さてどうするか・・・・。
 Wさん自身、パソコンの操作はあまり得意ではないけれど、簿記の知識はある。Mさんもあまりパソコン簿記は慣れていないが、簿記の勉強はしている。今回の青色申告が最初なので、実質第1期目の決算、期首を決めなければいけない・・・・。
 ということで、手書き簿記の作業を一部エクセルでやることにしました。
 レシートの整理から現金仕訳、預金通帳の仕訳や売上の整理などは割とスムーズにできましたが、育成費用の振り替えなどは、Mさんにも勉強してもらいました。


 そしてこの日、元帳に転記して合計残高表を作ってみたところ・・・・。
 さてさて、何が間違っているのか、右と左が合いません。
 横で息子さんが静かに遊ぶのをながめながら、必死になって間違い探しをする昼下がりでした。


blog_shiosaki109_1.jpg
息子さんも、将来はきっとお父さんのようになる。その時に思い出す光景なのです。
「作業服を着たお姉さんが、母ちゃんと何かやってたなあ。あれが、これだったんだ・・・・」


 ですが、この2日後に、「ちゃんと申告できました」との報告がありました。これにて、今年度の簿記作業に関する普及指導活動は、なんとか無事に終了です。

若手研修

2018.03.15

 今年度は、ひさしぶりに農業後継者組織を受け持っています。
 彼らは、やっぱり元気が良い。一世代二世代前のように会員数は多くはないですが、しっかり勉強する意欲はあります。この日は県内研修で、食肉処理場と水耕レタスの栽培システムを見学しました。


blog_shiosaki107_1.jpg
県内には数カ所しかない、水耕レタスの施設です


 ところで、こうした後継者組織でメンバーそれぞれの部門が異なり、肉用牛に露地野菜、果樹に椎茸、ハウス野菜などなどとなってくると、みんなそろっての研修は内容組み立てが大変です。
 が、そこは若いメンバーのこと、自分の品目と違うものでも熱心に勉強していました。その証拠に、食肉処理場(屠畜場)の現場を見学した後にもかかわらず、お昼はガッツリ焼肉だったのです。また、そうした品目の違いがあっても、若い証拠に、一晩みんなで騒げば、すぐに意気投合していました。

店開き千秋楽

2018.03. 7

 「前任地に比べてお客さんが多いなあ」と、以前お伝えしたかもしれませんが、継続的に事務所上げての対応でカバーする簿記指導もお客さんの多い仕事になります。管内すべての農家数に比べれば、普及員が直接対応した人数は、少ないかもしれませんが。


 この日は市役所開催の最終日。来週には確定申告の締め切りが来ますが、管内で農家さんが自ら参加して作業する、通称「店開き」はこの日が最後です。
 農家さんが独自で作る簿記グループ数カ所、管内2つの市役所が開催するものなどなど、毎回数名の若手普及員で手分けしての入力作業対応です。もちろん、先般の簿記講座とは別になります。


blog_shiosaki108_1.jpg
3年目のHさんとKさん、中堅のYさん、手慣れたものでした


 そうした場での質問は大きく3つ。
①パソコン操作そのものがわからない 
②普通に損益の仕訳がわからない 
③育成費から償却資産に振り替える作業などがわからない 


 色々な状況はありますが、普及員のスキルアップもさることながら、農家さん自身のスキルアップというか、帳簿整理そのものを農業経営の中でどのような仕事と位置づけているのか。この意識レベルを全体的に向上していくことは、普及活動の永遠の課題のような気がした今シーズンでした。

めずらしいもの

2018.03. 2

 冬場ですが、少し暖かいかなあと思うようなこの日、Mさんに同行して農産加工グループの代表者Sさんを訪問しました(Mさんは「絆物語」に登場しています)。

 ここのメイン商品は『味噌玉』です。味噌をベースに団子を作って保存。お椀に1個入れてお湯を注いで、お味噌汁のできあがり、です。
 全国のどこにでもあるとは思いますが、この日は大量に購入して帰りました。私の家族がはまってしまったのです。


 それはさておき、庭に入って私が開口一番、「こりゃあ、また、珍しいもんがある」と、話し始めました。
「こりゃあ、唐箕(とうみ:足踏み式選別機)じゃ、めずらしいな。おっ、こりゃ、何かなあ」と私がしゃべり始めたところ、


Sさん :「Mさん、この人はどちらの人?」(私の方を不思議そうに見ながら)
Mさん :「うちの職員の塩崎です、経営担当です」
Sさん :「うっそ~、本当? 本当に、あんたとこの人?」
塩崎  :「・・・・・・」
Sさん :「ぜんぜん、県の人には見えんなあ」


 普及方法の技術かと思いますが、初めて会う農家さんにも、わりとスムーズに会話できる空気感を出せるようになった、今日この頃です。


blog_shiosaki106_1.jpg  
真ん中のは、わら縄をなう前にわらをしんなりとさせる機械、初めて見ました


blog_shiosaki106_2.jpg
実はMさん、わが県でも数少ない、農林水産加工のプロです

若手育成

2017.12.13

 管内の水耕ネギ法人の経営検討会に、今年2年目のYくんと参加し、法人の代表と一緒にハウスを巡回しました。


blog_shiosaki105_1.jpg
会社の代表者ともしっかりやりとりができるようなったYくん


 帰りの車中で彼曰く「国と県と市町村、役割分担がよくわかりません。県は必要なんでしょうか?」とのこと。
 塩崎曰く「行政の仕事だから、改良助長法から考えてみる。市町村には組織的には普及のような組織はない。国がやるには北海道から沖縄までを一括するには大きすぎる。農業には地域性が無視できないところがあるから、当然、都道府県でやる意義も出てくる」などなど。


 ハウスの横の田んぼに、わらくずがあったので「縄、なえるか?」と聞いて、少しやってみました。こぎ落としの短いやつだったのですが・・・・


blog_shiosaki105_2.jpg
いまどき、こんなことするのかなあ、という感じでした

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る