普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
高橋正浩

みなさん、はじめまして!

2012.05.24

 今年度から埼玉の現場をレポートすることになりました高橋です。

 私が勤務する本庄農林振興センターは、本庄市、美里町、神川町及び上里町の1市3町を管内とし、県の北西部、首都80kmに位置しています。

 利根川と神流川による肥沃な沖積土壌に恵まれた北部と、丘陵や山林の割合が高い南部からなる管内の農業生産は、本庄市や上里町を中心に、野菜生産が盛んです。

 畜産は全市町で大規模経営が営まれ、牛肉や豚肉の加工販売に取り組む農家もいます。
 米麦は二毛作が中心で、上里町は全国屈指の小麦種子産地となっています。
 また、美里町では飼料稲生産が集団的に行われ、町内外の畜産農家に供給されています。
 花きは、本庄市を中心に鉢物、神川町では切り花の生産が盛んで、県内有数の産地を形成しています。
 果樹は、神川町、上里町で、梨の「幸水」を中心に大玉栽培が行われています。
 美里町ではブルーベリーが約39ha栽培され、観光農園や直売が盛んに行われるなど、市町村レベルでは、全国一の栽培面積を誇っています。

 このような地域から、現地情報や普及活動等を紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします。



高橋正浩

埼玉県の本庄農林振興センター農業支援部技術普及担当で野菜・工芸作物(茶)を担当している高橋です。主な活動エリアは本庄市です。また、青年農業者・女性農業者チームの一員として、若い農業者等の育成、活動支援を行っています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る