普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
高橋正浩

きゅうり栽培講習会

2012.05.28

 現在、ひびきの南部選果機利用組合胡瓜部会では、春きゅうりの出荷のピークを迎えるところです。
 秋冬きゅうりの栽培に向けて、5月15日に、選果機組合の指定品種の販売元の種苗会社3社を招いて、栽培講習会を開催しました。

 種苗会社から、それぞれ指定品種並びに有望品種の栽培ポイント等について、各社約30分ずつ説明がありました。
 当振興センターからは、きゅうり生産ほ場における耕種的防除の現状と、昨年多発した「黄化えそ病」、「退緑黄化病」の防除対策について、説明を行いました。


  


 「黄化えそ病」、「退緑黄化病」は、ミナミキイロアザミウマ、タバココナジラミが媒介するウイルス病です。
①春きゅうりを片付ける前に薬剤散布する。
②きゅうりを枯死させ、媒介虫をハウス内で完全に死滅させる。
③防虫ネットを張り、ハウス外からの媒介虫の侵入を防ぐ。
④地域ぐるみで継続した取組を行い、地域のウイルス密度を下げることが一番重要です。


 今年度、当振興センターでは、きゅうり農家の協力を得て、防虫ネットと粘着性資材や反射性資材を併用し、ウイルス媒介昆虫とウイルス症状発現株率の低減効果の検討を行っていきます。       
 また、ハウス内のウイルス媒介昆虫の発生消長を把握し、防除適期の目安を検討する予定です。

高橋正浩

埼玉県の本庄農林振興センター農業支援部技術普及担当で野菜・工芸作物(茶)を担当している高橋です。主な活動エリアは本庄市です。また、青年農業者・女性農業者チームの一員として、若い農業者等の育成、活動支援を行っています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る