普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

秋田県
高橋一子

普及指導計画中間検討会

2011.10.11

 平成23年度が半分終わりました。
 農業振興普及課では、管内の農業振興を進めるために「産地の目標」を設定し、その目標の達成に向けて年間活動計画を作ります。これを「普及指導計画」といい、普及指導員は、この計画に沿って活動を行っています。


 年度の中間地点である9月下旬~10月上旬には、計画の進捗状況を確認するとともに、今後の方向を検討する「中間検討会」を行います。
 検討会では進捗状況報告よりも、日々の普及活動で発生した問題や活動の悩み、今後の活動方法などについて意見交換を行います。
 課員の他に普及指導員の助言者である主管課のスーパーバイザーも参加するため、鋭い質問や、暖かい助言などが飛び交います。


 北秋田地域では、9月29日に中間検討会を行い、室内検討会のあとに、花き栽培農家の視察をしました。
 いよいよ年度後半戦、事務所一丸となって気合いを入れてがんばっています。



高橋一子

秋田県の北秋田地域振興局農林部普及指導課兼務で花の担当をしています。主に「トルコギキョウ」を担当しています。 山本・鹿角地域振興局も兼務していますので、活動エリアは秋田県の県北地域全域になります。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る