普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

秋田県
高橋一子

キュウリ病害虫調査

2011.08.31

 8月ももうすぐ終わりになります。
 秋田県ではメジャー野菜3品目、ブランド野菜6品目(※)の栽培を推進しています。

(※)
メジャー野菜3品目 :ホウレンソウ、ネギ、アスパラガス
ブランド野菜6品目 :エダマメ、キャベツ、トマト、メロン、キュウリ、スイカ


 北秋田地域では、キュウリが重要な作目になっていて、病害虫調査の指定産地として6月下旬から9月上旬の間、6回調査します。
 この他に県内各地で行っており、データは病害虫防除所へ送られ、発生予察情報として県内に発信されます。

 今年は暑かったため、アブラムシなど虫が多くみられました。
さらに8月中下旬の雨により病気が増加しており、生産者のみなさんへ、注意を呼びかけています。



北秋田管内では、かなりの確率で調査日に天候が荒れます。日頃の行いが悪いのは誰でしょう 



調査に同行してスイカをゲットした班長


高橋一子

秋田県の北秋田地域振興局農林部普及指導課兼務で花の担当をしています。主に「トルコギキョウ」を担当しています。 山本・鹿角地域振興局も兼務していますので、活動エリアは秋田県の県北地域全域になります。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る