普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

秋田県
高橋一子

えだまめで日本一を目指す

2011.06.27

-えだまめ日本一総合推進事業の取り組み-


 6月ももうすぐ終わります。
 暑い日が続いた秋田県でも平年より1週間遅れで梅雨入りとなりました。 
 

 秋田県では、昨年から3年間かけて日本一のえだまめ産地を目指して、さまざまな活動を行っています。組織の育成、栽培技術、販路とあらゆる部分に対し支援しています。
 北秋田地域でも大規模経営体を対象に産地化を目指しています。

 経営体によってはエダマメ栽培が初めてなこともあって、わが普及指導員のかなり濃密な栽培指導、情報提供、産地育成支援が必要です。
 最近は「虫がでた」「葉っぱが黄色くなった」「次は何をすればいい?」と、ひんぱんに要請が入ります。

 まるで小さな赤ん坊に四苦八苦するお父さん、お母さんに似ています。
 生まれて間もない小さな赤ちゃん産地を日本一に育てるため、担当の普及指導員は今日も土煙をあげて現場へ向かっています。

高橋一子

秋田県の北秋田地域振興局農林部普及指導課兼務で花の担当をしています。主に「トルコギキョウ」を担当しています。 山本・鹿角地域振興局も兼務していますので、活動エリアは秋田県の県北地域全域になります。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る