普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

秋田県
高橋一子

農業の道を進む

2011.03.28

blog_hukyu_takahashii3_1.jpg今回は、管内の農家で研修している未来の担い手と受入農家を紹介します。

blog_hukyu_takahashii3_2.jpg


研修生の中嶋さん(37歳)は、地元JAの職員として働いていました。
農業に関わるうちに、自分でも農業を始めたいと考えるようになりました。
中嶋さんの家は非農家で、資金も農地のあてもありませんでしたが、法人化を目指していた農家から声をかけられ、昨年6月から研修生として農業に従事することにしました。


中嶋さんに声を掛けたのは大館市比内町の渡辺さんです。


blog_hukyu_takahashii3_3.jpg


水稲を中心に野菜、山菜、花きを生産する認定農業者として、地元の農業を牽引しています。
中嶋さんの農業に対して真剣に考える姿勢をみていて、声を掛けたそうです。


普及指導課では研修の相談をうけて、大館市で行っている雇用研修事業を紹介しました。
中嶋さんは1年間研修し、修了後は従業員として働いていく予定です。
将来的には独立をめざしますが、いまは渡辺さんの法人化を支えていきたいそうです。
若い担い手の成長が楽しみです。

高橋一子

秋田県の北秋田地域振興局農林部普及指導課兼務で花の担当をしています。主に「トルコギキョウ」を担当しています。 山本・鹿角地域振興局も兼務していますので、活動エリアは秋田県の県北地域全域になります。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る