普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
柳瀬美智代

中干し遅れずに!

2014.06.17

 富山県では、6月5日に梅雨入りとなりました。
 水稲の主力、コシヒカリでこの時期から行うのが、溝切りと中干しです。
溝切りは、①水の出し入れを効率化する、②地温を均一化して、生育を均一化することにもつながります。
中干しは、稲の弱小分げつを淘汰し、根を下に伸ばす重要な役割があります。
この中干し作業が遅れないようにと、各地で工夫を凝らした指導をしています。


yanase_47_1.jpg
中干し開始式
農協の組合長に看板を設置してもらって、中干し開始式を行いました。
後ろに立っているのが私。マスコミへのPR資料作成、関係機関への連絡など段取り係です。


yanase_47_3.jpg
溝切り作業
溝切り後に、溝を排水口に連結する農家。この手直しこそが大事なのです。


yanase_47_4.jpg
中干し札の設置
集落に1枚設置、農家の目に訴える活動です。


yanase_47_5.jpg
中干し看板
地元の農協が設置している作業指示看板。
各農協で工夫して・・・。


 梅雨の晴れ間をねらって、干す。
県全体の米の品質が向上するように、農家、地域を動かす活動。これが普及活動です。

柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る