普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
柳瀬美智代

大豆、300kgどりプロジェクト

2014.05.26

 富山県では、5月下旬から大豆の播種作業が始まります。大豆は転作作物の基幹作物に位置づけられていますが、収量の伸び悩みで、栽培面積が減少傾向にあります。
 大豆がたくさんとれれば、農家の生産意欲も上がります。収量300kgどりをめざした取り組みの一つで、深層施肥作業を行いました。


yanase_45_1.jpg
深層施肥の内容について、説明するクボタ担当者
深層施肥で、生育後期に窒素補給。粒重が大きくなり、しわ粒の防止につながります。


yanase_45_2.jpg
複数の作業が一度にできる播種機
従来の施肥の前に、深層施肥の施肥管があります。これで深さ20cmに肥料を入れます。国の生研センターと新潟大学、メーカーの共同開発です。


yanase_45_3.jpg
機械の調整
播種床をかまぼこ型にするための調整作業。深層施肥管を横にずらすことで、播種床が谷底状であったものを、かまぼこ型にしました。


yanase_45_4.jpg
播種状況
調整後、播種床が半分だけ、かまぼこ状に改善されていました。


yanase_45_5.jpg
休日にも関わらず、仕事に打ち込む
F課長です。今日は土曜日で休みにも関わらず、この実演会を見に来ました。自宅から遠いのですが・・・農業に対する熱い意欲を感じました。私も、勉強になりました。


 富山県でこの機械を使えるのは今日1日だけです。新しい技術を農家と私たちに見せてくださったクボタのみなさん、ありがとうございます。
 国と大学とメーカーと普及指導員と・・・連携した取り組みで大豆栽培を後押ししたいと感じました。

柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る