普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
柳瀬美智代

GAP推進、待ったなし

2014.03.20

 富山県は全国で唯一、GAP推進条例が制定されています(23年12月策定)。しかし、いまだGAP認証取得に至った農家はいません。
 認証には経費が伴いますが、その分農産物が高く売れるわけではない、というのが認証に踏み切れない大きな要因です。まだまだ認知度が低いのです。

 私の担当する地域で、2経営体がGAPに興味を示しました。そこで、普及の出番です。GAP現地指導の無料キャンペーンの活用、GAPの認知度を高める研修会の開催、GAPの先進農家への視察、活用できる事業の紹介などの支援を迅速に行います。
 農閑期こそ、準備を進めるチャンス。農家の意識が高いうち、鉄は熱いうちに打て! 方式です。富山県で初のGAP認証取得に向け、奮闘中。


yanase_44_1.jpg
JGAP無料キャンペーンを活用し、専門家による指導を受けました(1月~2月)
「まずは、いらないものを排除しましょう」と、指導を受けています。


yanase_44_2.jpg
GAP推進研修会の開催
農家1人が、がんばってもうまくいきません。組織全体、地域全体にGAPの知名度を高めるために研修会を開催。農家が33名も参加しました。


yanase_44_3.jpg
県外の農家を研修
隣の新潟県に、JGAP認証取得農家を視察に行きました。イケメンの息子さんが、ていねいに対応してくれました。この農家さんは、息子の就農にあわせてGAPを導入しました。GAPは家族経営のコミュニケーションツールになっているそうです。


yanase_44_4.jpg
新潟は雪が多かったです。さすが魚沼


yanase_44_5.jpg
わが家のGAP
炊飯器の横に、炊飯タイマーセット方法が貼ってあります。私がいなくても息子がご飯を炊いてくれます。誰でもできるようにマニュアル化。これもGAP?

柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る