普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
柳瀬美智代

敵を知る

2013.06.28

全国的に急増しているそば。富山県でも約400haと増加中。
私の担当する立山町では、そばを乾麺に加工、販売する取り組みで、地域活性化にもつながっています。


ところが、昨年はある害虫に大被害を受けました。
その敵はシロスジアオヨトウ。
聞いたことありますか? タデ科を好んで食するヨトウです。
そばの害虫というと、ハスモンヨトウが有名です。
農家はハスモンヨトウを対象にフェロモントラップを設置していましたが、これでは効きません。


対策として、シロスジアオヨトウの発生状況を調査しています。
現在、この害虫対象のトラップはありません。過去の文献で、このトラップに捕まったという情報を頼りに、3種類のトラップで確認しています。
敵の正体を知って、なんとかそばを助けたい。
今年は害虫にやられないように、技術者として取り組んでいます。


yanase_36_1.jpg  yanase_36_2.jpg
左 :フェロモン設置。3種類のフェロモンで調査中
右 :ネギコガ用のフェロモンに捕獲されました。この害虫の孫達が、9月下旬に悪さをします


yanase_36_3.jpg  yanase_36_4.jpg
左 :ハスモンヨトウ用のフェロモントラップ。同じヨトウ類だけど、これでは効きません・・・・
右 :シロスジアオヨトウの幼虫。これにやられました



柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る