普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
柳瀬美智代

品質向上大作戦展開中!

2013.05.30

 私の担当する地域は、昨年、水稲の品質が大幅に低下しました。
今年はこれを打開するため、品質向上大作戦と銘打ち、農協あげて、管理技術の周知徹底を図っています。
 従来の特報の他に、携帯電話へのリアルタイムな管理情報の提供や、適期作業指示看板を設置しています。


yanase_35_1.jpg
適期作業指示看板 
 人目につくメイン道路に設置します。


yanase_35_2.jpg  yanase_35_3.jpg
左 :田植え作業
右 :田植え作業をしている農家に直接指導

  「植え付け深さが深いです。浅めに調整して下さい」


yanase_35_4.jpg
適期作業指示看板(田干しの準備)
 作業内容が変わるたびに色を変えて、皆さんに見てもらえるようにします。


yanase_35_5.jpg
携帯電話の管理情報を確認する農家
 自分の手元で情報が確認できるので、間違いなし!
管理情報を迅速に、効果的に、わかりやすく・・・。工夫が大事です。
いつ、やるの。今でしょ!

柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る