普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
柳瀬美智代

暑い時期に、ハスモン注意!

2012.09. 7

 管内では、8月中旬から下旬を中心にそばが播種されました。早い圃場場では、花が咲いてきています。
 この日は、関係機関でそばの苗立ち調査を行いました。
 苗立ちは、播種時期の圃場場の乾き具合、播種前後の排水対策で決まります。
 今年は、播種後に無降雨状態が続き、苗立ちは良好ですが、高温傾向は9月に入っても続いています。このため虫の発生が見られ、ハスモンヨトウの被害がありました。ハスモンヨトウは、一晩でそばを食い尽くす怖い虫です。せっかくのそばが壊滅しないために、早めの防除をお願いしました。
 まだまだ残暑が続き、虫が発生しやすい条件です。そばは生育期間が短いのですが、気を抜かずに管理していきたいと思います。



苗立ち調査
そばの収量は、苗立ち状態で8割が決まります。



フェロモントラップの設置
この誘引剤は、雄成虫を誘殺し、雌成虫の産卵を減少させるため、被害の発生防止に有効です。
赤い旗は目印です。取り替える時にわかりやすいですね。



農家にハスモンヨトウの被害を説明する普及指導員
実際に見ると、防除の必要性をわかってもらえます。


  
丸印が、ハスモンヨトウです(左写真)
結構、食い尽くされていました。

柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る