普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
柳瀬美智代

大麦の刈り取り時期を迎えました

2012.06.13

 富山県では、大麦の刈り取り時期を迎えています。
 今年は積雪期間が長く、成熟期が平年より2日程度遅くなりました。
 刈り取り作業の出役計画を組むために、いつ、刈れるの? と相談が多くきます。
 県では、刈り取り時期を「子実水分が30%を切ってから」と指導しています。子実水分が30%以下とはどんな状態? を目でわかりやすく説明するために、資料を作成しました。



「大麦子実水分変化と黄化状況」 わかりやすいと評判です



現場での刈り取り時期指導。このほ場は、あと4日程度で刈れますよ!


  
左 :カラスノエンドウの抜き取り。種が混ざらないように、刈り取り前に抜き取りします
右 :コンバイン刈り取り。今年は結構とれそうですね


 大麦の刈り取り、水稲の溝掘り、大豆の播種と、忙しい時期です。雨が降らないように(適当に降ってくれるとうれしい)願っています。農作業事故に気をつけて、がんばりましょう。

柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る