普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
柳瀬美智代

環境保全活動に取り組みました!

2011.09.15

国内有数の観光地、立山、立山黒部アルペンルートには、年間約100万人もの観光客が訪れます。
今日は、標高2,450mに位置する室堂で、環境保全活動に取り組みました。


多くの観光客が訪れる「立山黒部アルペンルート」は、近年、外来植物の侵入が問題となっています。立山の生態系を守るため、今日は、スギナを除去しました。


  
左 :外来植物の除去  / 右 :除去したスギナ等 


雷鳥に出会いました。
あいにく、天候が悪かったのですが、このような日は雷鳥が出現しやすいといわれています。
(雷鳥にとっては天候が悪いほうが、外敵に会いにくいのでしょう)
今日は、親子、夫婦の雷鳥に会うことができました。



手前が雄、奥が雌。保護色になっているので、見つけづらいのです



みくりが池に行きました。
池に山が映り、とてもきれいでした。手前のおさげが私です。
「山に行くと癒される」、そのような気分を観光客に味わってもらうために、地道な環境保全活動が大事なのです。

柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る