普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

富山県
柳瀬美智代

猛暑に勝つ!

2010.09.17

はじめまして、富山県の柳瀬といいます。
地域担当で水稲、大麦、大豆の技術改善と組織化など地域のコーディネート役を担っています。
ブログは初めてです。思いつきしか書けませんが、よろしくお願いします。


今日は、新規就農者に刈取適期の指導です。
資料は、刈り取りの目安となる出穂後の積算気温についてです。



まじめに指導している私の服装に注目してください。猛暑対応の服装です。
この帽子、腕抜き、首のタオル(保冷剤入り)・・・


帽子と腕抜きは通販で購入した、農作業用帽子で遮光率99%です。
首に巻くタオルには、保冷剤を3~4つ入れます。
保冷剤は、1時間ぐらいで溶けてしまうのですが、1時間だけでも首を冷やすのは、重要なポイントです。
保冷剤はわざわざ、買わなくてもさしみなどに入れてあるもので十分です。


  


普及指導員は、日中の暑い時間帯に、ほ場に出なければなりません。
8月の出穂時期に調査していると、倒れそうになります。
今年のスーパー猛暑は本当に暑かったですよね~。
いかに、ばてないようにするか?
仕事も大事、体調管理はもっと大事です。


あと、日焼けもしないように・・・ 女性普及員の大事な心がけです(^^♪


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る