普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

◆2017年7月27日

blog_hukyu_tanabe_f.jpg 埼玉県
田邉香織

にんじんのネキリムシ類対策(その1)

2017.07.27

 埼玉県川越農林振興センターの田邉です。担当する川越農林振興センターの管内は露地野菜生産が盛んな地域で、私は主に、にんじんやさといもなどの担当をしています。
 今年、普及担当3年目を迎え、来たる8月、普及指導員資格試験を受験する予定です(現在試験勉強中です(・₋・;))。
 業務報告書などを作成する中でこの3年間の活動を振り返ることになりましたので、今回はその内容を紹介します。


blog_tanabe1_1.jpg
春夏にんじん栽培の様子


【その犯人はネキリムシ類】
 「このにんじんの山、なんとかならないかなぁ...」
 6月、入間地域では春夏にんじん(冬まきトンネル促成栽培)の収穫が最盛期を迎えます。
 私が1年目の時、地域指導農家(指導農業士)のもとで、農作業や生活を学ぶ「農家研修」の一環として、にんじんの収穫・調製作業を手伝いに行った時のことです。にんじんの根上部(肩部)が食害され、無念にも出荷できなくなったにんじんの山が積み重なっていました。
 
 事務所に持ち帰って調べたところ、その犯人はネキリムシ類だと判明、普及課題として取り上げ、防除対策を検討することになりました(つづく)。


blog_tanabe1_2.jpg  blog_tanabe1_3.jpg
左 :にんじんへの食害  / 右 :ネキリムシ類(カブラヤガ幼虫)


田邉香織

埼玉県川越農林振興センター 技術普及担当の田邉です。埼玉県の中でも露地野菜、特に、にんじんやさといもなどの根菜類を担当しています。普及指導員仮免許中(今年受験)。チャームポイントは埼玉県農林部内で一番小さいことです。座右の銘は「見た目は小さくとも夢と心は大きく」。

1

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る