普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

◆2014年6月

blog_hukyu_kasahara_f.jpg 青森県
笠原 均

北国でも暑さ対策してるのです(最終話)

2014.06.30

 暑さ対策の話で散々ひっぱっておいて、本格的な夏を迎えてから最終話を書くってどういうことよ? とか言われる・・・・・ことはないと思いますが、暑い地域なら、どこでもやっているような対策に、青森県も最後は行き着くのです。
 まぁまぁ、なにはともあれ、最後までお付き合いください。


kasahara_6_1.jpg
咲き誇るアルストロメリア


【前回までのあらすじ】
 年々厳しさを増す夏。地面に井戸水を流して、暑さで夏場に咲きにくくなったアルストロメリアをガンガン咲かせようと奮闘する普及指導員の私。電気ケーブル用の管、CD管に井戸水を流して、なんとか予算内でほ場を冷却するところまでこぎつきました。
 効果は予想を上回り、冷やされた地面からピョコピョコとアルストロメリアの花芽がでてきます。


【ここから本題】
 「さぁさぁ、皆さん入ってください。」
 夏の暑い日、そういって私がハウスに招き入れたのは、管内のアルストロメリア生産者と関係機関の人々・・・。井戸水で冷却された地面から数え切れないほどのアルストロメリアの芽(シュート)が出て、高温にも関わらず、ハウス一面、まさにお花畑! 生産者からは、賞賛の声があがるはずです。


 ハウスへ入った生産者らの「言葉にならないような言葉」は、
「これは、まさに、すごい!」でした。
 そうです。すごかったのです。
花と蕾が高温障害で歪んで「グチャグチャ」なのです。


 井戸水で冷却され、「おっ! これは、快適な環境!」と勘違いして、顔を出したアルストロメリアの花芽は、開花する1m数10cmのところで、なんともすごい高温にさらされていたらしいのです。


kasahara_6_2.jpg kasahara_6_3.jpg
こんなのや・・・(左)こんなの・・・(右)。暑さで変形してます


 あわててハウス内の温度を測っていた「データ記録装置」からデータを抜き出して調べてみました。すると、なんと、花が開花する付近の気温は、時折40℃近くあるではないですか!
 実は、この年(平成24年)は7月の終わりから、青森県はかつてないほどの猛暑に遭遇していたのです。さらに、その後の地温のデータを追跡すると、想定していた地温20℃をはるかに越え、25℃を越える日が何日も出現しているではないですか!

 これでは、花がまったく売り物になりません。生産者も私も、がっかりです。


 実は、これまで青森県で「厳しいな」と思う暑さは、ネブタ前の数日くらいで、お盆前にいくらかの簡易な遮光をすれば十分暑さがしのげていたのです。この暑さは、まさに未体験ゾーンでした。


 肩を落としてばかりはいられません。
その場に居合わせた生産者と私達は考えました。


「熱くなった地面を冷やせばいいって考え方が、根本的に間違っているんじゃないか?」


 そうなのです。よくよく考えてみれば、青森県は、かつてないような猛暑に、今後も繰り返し見舞われることでしょう!


ですから、
「青森県は涼しい。だから熱くなったものを冷やせばいい」
という考え方は、根本的に間違っていたのです。


 そこで、こうなりました。

「地温も気温も下げきれないなら、始めから上がらないようにすればいい!」


 そんな訳で、ハウスの外側に、遮熱ネットを張ることにしました。
 最近の高温対策グッズは、進化しましたね。
「高い光反射効率」「過熱化を抑える」「涼しい栽培環境」とカタログに書いてます。
サンプルを透かしてみれば、熱は遮るものの、光は結構通しているようで明るいです。


 前年の失敗にめげず、平成25年は、幾種類かの遮熱ネットを、部会長のハウスに実際に張ってみることになりました。ハウス内の温度上昇を回避しつつ、さらに冷たい井戸水で地面を冷やすという作戦です。


 日本の南の方の産地では、遮熱ネットと地中冷却は、至極当たり前のことなのでしょうけど、青森県では、そんな対策をしなくても花が収穫できていたのです。
これまでの青森県の涼しい夏に、心から感謝です。


kasahara_6_4.jpg
生産者が遮熱ネットを検討するようす


 この後も、青森県に適した品種の試験や、収穫後の後処理剤の検討、害虫発生を予測するトラップの設置、予防に力点をおいた防除暦の作成等々、生産者、JA、試験研究機関と普及指導員が協力して、さまざまな改良・改善を行ってきました。

 みんなのそんな苦労と努力の積み重ねで、平成25年の販売額は、前年より3割も伸びました。そして、担当になった私が3年前からずっと願っていた青森県の農業専門誌「あおもり農業」の表紙を飾ることができたのです。


kasahara_6_5.jpg
こんな感じ・・・。みんな本当に笑顔です


【追記】
 今回のブログは、「暑さ」をテーマに限定して書いていますが、現場では、吹雪で凍り付いたヒートポンプ室外機の凍結対策やら、青森の気候に合った作型への変更、またまた、冬場のネズミ対策等々さまざまな対策を講じてきました。

 このテーマは今回が最終回ですが、生産の現場に終わりはありません。生産者の皆さん、試験研究機関、JAの皆さん、次は○○○億円を達成して、宇宙旅行へ行きましょう!


kasahara_6_6.jpg
イラスト出典:マイクロソフトWord2007


▼追加情報はこちら


笠原 均

青森県の普及指導員です。桜で有名な弘前城のある中南地域に、4年前から勤務しています。もともと埼玉の出身ですが、20年ほど前、青森の人と風土に惚れ込んで、ここに住み着いてしまいました。ちなみに担当しているのは、青森の花きの振興と、担い手農家の支援です。

大分県
塩崎洋一

ふるさと起業グループ総会

2014.06.19

 農山漁村女性で起業して加工販売を行っているグループの皆さん、管内8組織が集まって総会が行われました。
 食品衛生関係のことや加工技術に流通の問題、さらには将来に向けた経営継続のことまで、いろいろな意見が出てきます。そうしたさまざまなことに対して問題解決を図るために、総会後は研修会を行いました。


blog_shiosaki29-1.jpg
作ったものを自分たちで売っている皆さんです。当然、空気が違います


 講師には『王さまのぶどう』の宮田さん率いる『ドリームファーマーズ』の皆さんを招き、ドライフーズの加工販売に取り組んだ背景や生産流通のコンセプト、そもそも、それぞれの自家経営において何故自分たちが後継者として自立して、このような会社経営を行うようになっているのかなど・・・・。参加者の皆さんの核心をとらえた講演でした。


blog_shiosaki29-2.jpg
いつもながら、はっきりと意見を述べる『ドリームファーマーズ』の宮田さん


 研修会の最後に、私から法人化に対する補足を少々話したところ、早速ひとつのグループから、法人化したいとの話がありました。これについては、また後日、お知らせします。 


(関連リンク)
王さまのぶどう
寝ても覚めても「王さまのぶどう」
ドリームファーマーズ


塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

富山県
柳瀬美智代

中干し遅れずに!

2014.06.17

 富山県では、6月5日に梅雨入りとなりました。
 水稲の主力、コシヒカリでこの時期から行うのが、溝切りと中干しです。
溝切りは、①水の出し入れを効率化する、②地温を均一化して、生育を均一化することにもつながります。
中干しは、稲の弱小分げつを淘汰し、根を下に伸ばす重要な役割があります。
この中干し作業が遅れないようにと、各地で工夫を凝らした指導をしています。


yanase_47_1.jpg
中干し開始式
農協の組合長に看板を設置してもらって、中干し開始式を行いました。
後ろに立っているのが私。マスコミへのPR資料作成、関係機関への連絡など段取り係です。


yanase_47_3.jpg
溝切り作業
溝切り後に、溝を排水口に連結する農家。この手直しこそが大事なのです。


yanase_47_4.jpg
中干し札の設置
集落に1枚設置、農家の目に訴える活動です。


yanase_47_5.jpg
中干し看板
地元の農協が設置している作業指示看板。
各農協で工夫して・・・。


 梅雨の晴れ間をねらって、干す。
県全体の米の品質が向上するように、農家、地域を動かす活動。これが普及活動です。

柳瀬美智代

富山県高岡農林振興センターで、地域担当しています。地域担当の役割は主穀作(水稲、大麦、大豆)の技術改善や集落営農等の組織化など、地域全体のコーディネートです。

北海道
田所由理恵

檜山スイーツを食べに檜山に行こう!

2014.06.16

 北海道新幹線開業を控え、JR江差線が5月11日で廃止になりました。
 田んぼや畑の中をぬうように走り、日に数本行き来する列車は、時には作業する農業者の"時計"の役割も果たし、地域に根づいたローカル線でした。
 江差線最終駅の江差町は、にわかにファイナルフィーバーとなり、週末は廃線を惜しむ人や鉄道マニアの人々が街を往来していました。


blog_tadokoro29_1.jpg  blog_tadokoro29_2.jpg
左 :畑の中を走る江差線(前面に「さようなら江差線」のメッセージボード付き)
右 :最終日の最終便を見送る町の人々(農業者の方も駆けつけていました)


 江差町や奥尻島、"海のプール"の乙部町、"親子熊岩等の奇岩"のせたな町等、檜山地域には多くの観光資源があり、これからのシーズンは北海道内外から多くの観光客が訪れます。

 ▼乙部町 海のプール
 ▼親子熊岩等の奇岩


 この観光客に檜山農業をPRしようと、『檜山の農畜産物を活用したスイーツマップ』を整理しています。
 「檜山には檜山産の農畜産物を活用したおいしいスイーツがたくさんあります!」と、意気込んで始めた調査でしたが思っていたより少なく、一部の菓子業者からは"檜山では何を生産しているの?"と聞かれる始末...(-_-;)。
 "地域産の物を活用したいけど、ロットや供給システムの問題から活用していない"との話もあり、思わぬ課題が明確になった活動でした。

 檜山農畜産部物を活用したスイーツの紹介(地域内外へ)とともに、檜山農畜産物自体のPR(地域商業者へ)も進めて行かなければなりません。


★一部紹介します ~まだまだあります。檜山スイーツマップ完成をお楽しみに!


blog_tadokoro29_3.jpg  blog_tadokoro29_4.jpg
左 :厚沢部町産黒豆を使ったロールケーキ
右 :せたな町産米粉を使ったべこもち


blog_tadokoro29_5.jpg  blog_tadokoro29_6.jpg
左 :乙部町産ゆり根を使った最中
右 :江差町産イチゴを使ったケーキ


 実はこの活動、新幹線開業ばかりをイメージして、冒頭の江差線廃線ファイナルフィーバーを全く予測していませんでした。街行く人々を見ながら、『もう少し早く取り組んでいたら...』と深く深く反省。
 活動の「時」と「機」の重要性を改めて実感しました。
 『あぁ、大きなチャンスを逃がしてしまった...(-_-;)』(←心に浮かぶ独り言です)


 さて全国の皆さん、今年の夏は、檜山スイーツを食べに、檜山へいらしてください!

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

blog_hukyu_kasahara_f.jpg 青森県
笠原 均

北国でも暑さ対策してるのです(その2)

2014.06.12

前回までのあらすじ】
 年々、厳しさを増す夏。
 地面に井戸水を流して、暑さで夏場に咲きにくくなくなったアルストロメリアをガンガン咲かせようと奮闘する普及指導員の私。


kasahara_5_1.jpg
咲き誇るアルストロメリア


 井戸水という豊富な冷却媒体と、既存の配管、最安値の散水ホースを組み合わせて、「これは、絶対に普及する!」と、息巻いて農家さんに提案すると、予想外に険しい顔をされるのです。


 「普及員さん、そりゃあ、まねや~(ダメだよ)。」


 えっ!いったい何がいけないの?
Σ(゚д゚;) ヌオォ!? 
            

                              
【本題】
 「笠原さん(私のことです)・・・ビニールホースまねや(※)
まねや=津軽弁で「ダメだよ」


 そういって見せてくれたのは、昨年購入し、屋外で使用していたという散水ホースです。ホースが劣化し、ガチガチになってます。
 その農家さんが言うには、「3年というアルストロメリアの植え替えサイクルだと、散水ホースが地面の中で持たないよ」ということです。

 では、ということで、劣化しにくい高価なホースや上水道用管を使うとなると、75坪ハウスに敷設した場合でも、ゆうに10万円を越えてしまいます。試験的に入れるには、あまりに高額です。これでは誰も試してくれません。


 「やっぱり厳しいかな~」と、私は青空を仰ぎました。


kasahara_5_2.jpg
仰いだ青空のイメージ


 が、まだ、普及指導員の神様(そういうのは、いるのでしょうか?)は見捨てていませんでした。


 ある日、ある農家さんとお話をしていると、     
「前に山形(県)さ、視察に行ったばって(行ったのだけど)、なんか畝さ、オレンジの管使ってたばって、なんだべ?」と聞かれました。


kasahara_5_3.jpg
 「なに? 畝にオレンジ色の管!」


 さっそく調べてみると、山形県は非常に安価な冷却システムの普及が進んでいて、それを紹介するホームページを見てみると、なんと本当にオレンジ色の管を使っているじゃないですか!


 この管を調べてみると、なんと電気のケーブルを包むCD管という管です。
 電気コーナーに並んだパーツに水を通すなんて夢にも思いませんでした。これは、水を流すのに機能は十分な上、放熱性が高く、しかも単価が散水ホースの半分以下。


 「これは、いける!」


 そこで、このシステムの研究論文の筆頭となっていた山形県の職員にさっそく連絡をしてみると、とても親切な方でした。農業の国際化が進む現代、県を越えて普及指導員は技術を交流し、みんなで一丸となって日本農業を支える時代なんだなと、改めて考えさせられました。ご指導くださった山形県の職員の方、ありがとうございました。


 そんなこんなでさまざまな紆余曲折がありましたが、既存の井戸水ポンプを使ってアルストロメリアのほ場を冷やす準備はできました。山形県の実例や、私が独自に井戸水冷却の効果を計測したデータをもとに、JAの花き部会長にこの話してみると、さっそく試してもらえることになりました。


kasahara_5_4.jpg
これが敷設したCD管


 これで今年(当時平成24年)の夏には、アルストロメリアにとって最適な状態に地温を保ち、花芽が地面からピョコピョコ顔を出して、この夏は大儲けができるはずです。案の定、7月に入っても地温は最高でも20℃を切っており、ネブタの準備で汗だくで和紙を貼る津軽衆を尻目に、アルストロメリアの花芽は、ピョコピョコと地面から顔を出しています。うまく行くときは、本当にトントン拍子で行くモノです。


kasahara_5_5.jpg  kasahara_5_6.jpg
左 :ピョコピョコと芽を出し・・・ / 右 :ちゃんと蕾が入っています!


 しかしこのあと、青森県のアルストロメリア生産者と普及指導員の私は、ビニールハウスの中で、


「トンでもない光景」


 に出くわすのです。


 と、いうことで、次回に続く・・・・


【お断り】
 このブログは、ノンフィクションですが、普及指導員である私の私見に基づいて書かれています。また、一部、イメージ映像を取り入れておりますのでご注意ください。


笠原 均

青森県の普及指導員です。桜で有名な弘前城のある中南地域に、4年前から勤務しています。もともと埼玉の出身ですが、20年ほど前、青森の人と風土に惚れ込んで、ここに住み着いてしまいました。ちなみに担当しているのは、青森の花きの振興と、担い手農家の支援です。

1  2

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る