提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農学会)公開シンポジウム「食料は足りるのか」

2016年3月12日

日時 :3月12日(土) 13:00~17:30
場所 :東京大学農学部 弥生講堂一条ホール (東京都文京区弥生1-1-1)


内容 :(公財)農学会と日本農学アカデミーは共催で、公開シンポジウム「食料は足りるのか」を開催。
「世界の食料需給」を概括的に展望し、引き続き農業における主要な生産要因である「気候変動による水文学的影響」「土壌資源」「諸生産要因の動向と食料生産力」などをめぐって現状を分析し、科学・技術的展望を示す。また、動物性タンパクの重要な供給源である「漁業資源」をめぐって、その資源量の現状を分析し、国際的資源管理の展望を示す。定員300名(先着順)、参加費無料。


●世界の食料問題と日本のポジション
●水と気候変動と食料生産
●人間と土壌
●魚が獲れなくなることは、『大問題』か?
●100億人を扶養するための食料生産:挑戦と課題
●パネルディスカッション


詳細はこちらから