提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農林水産政策研究所)気候変動と食料安全保障-コメを中心として-

2015年12月 1日

日時 :12月1日(火) 14:00~16:00
場所 :農林水産政策研究所 セミナー室
   (東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館9階)


内容 :気候変動の問題は、多くの食料生産システムの生産性を低下させ、途上国において、食料安全保障が脅かされている現在の状態をさらに悪化させることが懸念されている。こうした状況の下、FAOでは2011年から日本政府の拠出を受けて「気候変動下における食料安全保障事業」(AMICAF事業)を行っている。
今回は、この事業のうち、フィリピンにおいて実施した気候変動がコメを中心とする食料の安全保障に及ぼす影響の分析や、米作における気候変動への適応策の実証を中心とした活動について報告を行う。あわせて、気候変動の影響を受けやすい作物と言われるコメの国際価格の変動性を軽減する上で、農業投資が重要な役割を担っていることについて、経済モデルを用いて実証した研究の成果を報告する。定員100名(先着順)、11月27日(金)締切。


詳細はこちらから