提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


ゲノム情報活用時代における作物育種の進展と将来展望 ~次世代ゲノム基盤プロジェクトシンポジウム~

2015年11月11日

日時 :11月11日(水) 10:00~17:00
場所 :東京大学弥生講堂一条ホール (東京都文京区弥生1-1-1 東大農学部内)


内容 :国際的な諸問題に対応しつつ、豊かで安定的な食生活の実現、国産農産物の需要拡大及び農業の発展を実現するため、農林水産省は平成25年度より、プロジェクト研究「ゲノム情報を活用した農産物の次世代生産基盤技術の開発プロジェクト」を開始し、作物のゲノム情報を活用したDNAマーカー選抜育種技術の開発とその育種機関への展開、さらに次世代の育種技術の開発等を推進してきた。
このたび、シンポジウムを開催し、これまでの取り組みや成果と展望についての紹介と、研究担当者との交流を通じて、今後の課題や取り組み方向等について討議をおこなう。定員300名、参加費無料。


詳細はこちらから