提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成27年度農研機構シンポジウム「露地栽培における点滴灌水技術の展開と進化」

2015年11月10日

日時 :11月10日(火) 13:00~17:15
場所 :滝野川会館 大ホール (東京都北区西ヶ原1-23-3)


内容 :点滴灌水技術は、露地栽培における夏季の高温や水管理失敗のリスクを回避し、安定・多収を実現するために有効な手段。農研機構近畿中国四国農業研究センターは、ソーラーポンプを利用した低コストな灌水装置(拍動灌水装置)を開発し、点滴灌水技術の露地栽培導入に関する研究に取り組んできた。
これらの取り組みや成果をはじめとし、本技術の精力的な普及活動が展開している地域の事例報告、今後普及が期待される中山間地域への導入の際に解決すべき課題をターゲットとした最新の研究内容を紹介するシンポジウムを開催。定員150名(先着順)、参加費無料。10月15日(木)締切。


詳細はこちらから