提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


シンポジウム「地域における福祉の実現に向けた「食・農」の可能性」(広島県)

2014年12月19日

日時 :12月19日(金)

●第1部(定員30名、先着順) 10:30~12:30
場所 :優輝福祉会 コージーガーデン (広島県三次市大田幸町)

●第2部(自由参加) 13:00~15:30
場所 :みよしまちづくりセンター「ぺぺらホール」(広島県三次市十日市)


内容 :農林水産省は、「平成26年度 地域における食と農と福祉の連携のあり方に対する実態調査事業」において、地域の「食・農」に関する資源を有効に活用しながら、そこに暮らす人々の福祉の向上や集落機能の維持に取り組み、安心と誇りある暮らしの実現を目指す地域の取組に関する実態調査を行ってきた。本シンポジウムでは、買い物困難者のための地域の商店、廃校を利用した食事処、だれもが共に出番と仕事をもつ場の創出など、事例報告や実態調査の結果などをもとにしながら、福祉の実現に対して地域の「食・農」資源を有効活用することの可能性や意義について、また、農山漁村地域が人々の安心・安全な「暮らしの場」として果たすことのできる役割等について検討をおこなう。


詳細はこちらから