提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「転炉スラグによる土壌pH矯正を核としたフザリウム性土壌病害の耕種的防除技術の開発」研究成果発表会

2014年12月16日

日時 :12月16日(火) 11:00~16:30
場所 :盛岡市民文化ホール 小ホール (マリオス1F) (岩手県盛岡市盛岡駅西通二丁目9番1号)


内容 :土壌病害の発生は野菜や畑作物を栽培する上で極めて深刻な問題で、中でもフザリウム性の土壌病害はその広範な宿主範囲から多大な被害をもたらしている病害の一つ。おもな対策としては抵抗性品種の利用と土壌消毒が挙げられる。これに加えて、石灰肥料を土壌に施用して酸性改良すると発生が少なくなる傾向があることから、これを効果的に利用する技術開発に取り組んできた。最終年を迎えることから、これまでに得られた研究成果を発信し、技術の普及と定着を図ることを目的に、「転炉スラグによる土壌pH矯正を核としたフザリウム性土壌病害の耕種的防除技術の開発」研究成果発表会開催する。定員200名(先着順)、参加費無料。12月5日(金)締切。


詳細はこちらから