提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


主産地毎にみた近年の国内産小麦に対する需要の変化と需要拡大に向けた新たな動き

2014年11月14日

日時 :11月14日(金) 14:00~15:30
場所 :農林水産政策研究所 セミナー室 (東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館9階)


内容 :近年、強力系小麦も含めた新品種の導入、品質向上、使用技術の開発等を背景に、国内産小麦に対する需要は大きく変化しつつある。また、北海道、九州、関東という3主産地ごとに生産されている小麦の特性が異なることから、その流通・使用状況にも違いが見られる。
そこで、3主産地産の小麦の生産、流通、使用状況の違いを整理した上で、そうした違いから、3主産地産の小麦に対する需要が異なる形で近年変化してきており、また、そうした変化の中で、需要拡大に向けた新たな動きが出てきていることを紹介する。定員100名(先着順)、11月12日(水)締切。


詳細はこちらから