提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


農業施設学会ミニシンポジウム(地域連携企画ミニシンポジウム)

2013年8月30日

-施設園芸における暑熱対策技術の共同開発事例-

日時 :8月30日(金) 15:00~17:00
場所 :岐阜大学・応用生物科学棟・2階・22セミナー室  (岐阜県岐阜市柳戸1-1)

内容 :施設園芸では、温暖化の影響もあり、高温期の暑熱対策技術の開発が求められている。近年中小規模向けとして、簡易設置型パッドアンドファンが開発されたが、今後技術の実用化・普及を促進するためには、従来の共同研究の枠組みを超えた取組が必要である。そこで、農業施設学会ミニシンポジウムでは「施設園芸における暑熱対策技術の共同開発事例」をテーマに、研究事例を紹介することで、今後の地域連携のあり方まで含めた議論を行う。参加申込不要、参加費無料。

話題提供
●簡易設置型パッドアンドファンの開発
●暖地における簡易設置型パッドアンドファンの利用方向
●野菜類の育苗における簡易設置型パッドアンドファンの利用効果


詳細はこちらから