提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


成果発表「イネの穂に発生する稲こうじ病と墨黒穂病の発生抑制技術の開発」

2013年3月 5日

日時 :3月5日(火) 13:00~17:00
場所 :ホテルニューオータニ長岡 NCホール (新潟県長岡市台町2丁目8番35号)

内容 :農研機構では、「水田輪作体系における病害の発生抑制技術の開発」の中で「稲こうじ病の薬剤散布適期判定システムの開発」に取り組み、宮城県では「田畑輪換による稲こうじ病の発生抑制技術」、新潟県では「墨黒穂病の薬剤散布適期の検討や玄米の調整段階における汚損抑制技術」について、圃場試験あるいは現地実証型の研究開発を行ってきた。本発表会では、当該研究で得られた成果を発表するとともに、これら病害の発生生態の最新知見や具体的な発生抑制方法について情報交換を行い、水田輪作技術と病害抑制技術の普及を目指す。定員300名、参加費無料。2月15日(金)締切。


詳細はこちらから