提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


気象変動による農業被害を予測!軽減!-新たな対策技術の提案 (2012年度第2回 農研機構産学官連携交流セミナー)

2012年7月25日

日時 :7月25日(水) 13:30~16:30
場所 :日本教育会館707号会議室 (東京都千代田区一ツ橋2-6-2)

内容 :(独)農業・食品産業技術総合研究機構は、産学官連携交流セミナーとして、「気象変動による農業被害を予測!軽減!-新たな対策技術の提案」を開催。定員60名(先着順)、参加費無料。
セミナー内容は以下の通り。

●気象予測データを利用した水稲栽培管理警戒情報システムによる気象変動対策
●収穫前の玄米横断面から乳心白粒の発生を推定する装置の開発
●灌漑主体流域の農地水利用に与える気候変動影響の定量的評価法
●ウンシュウミカンの浮皮を軽減する植物ホルモン剤の利用技術
●コミュニケーションタイム-パネル・サンプルを前にした説明・意見交換-


詳細はこちらから