提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成23年度東北現地研究会 「耕作放棄地を活用したナタネ生産及びカスケード利用技術の開発」

2011年11月10日

日時 :11月10日(木) 13:00~17:15
場所 :
 現地圃場:岩手県岩手郡雫石町片子沢地区、西和賀町沢内地区
 研究会:ホテル「森の風鶯宿」(岩手郡雫石町鶯宿10-64-1)

内容 :耕作放棄地の有効利用としてナタネを生産し、油粕や残渣物も利用したいという要望が多くなっている。一方、新規に取り組む生産者が多く、栽培技術が未熟なことから、その生産性は停滞している。東北現地研究会では、耕作放棄地を活用し、収益性を高めるような技術開発を紹介、また、実需企業による国産菜種油の可能性を提起し、ナタネの生産から利用まで一貫した意見交換を行う。11月2日(水)締切。


詳細はこちらから