提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


土づくりにより「棚田での野菜づくり」に本格的に取り組む(新潟県上越市)

2014年09月22日

 新潟県上越市牧区の宇津俣地区では、クボタeプロジェクトの支援を受けて、耕作放棄地再生に取り組んできた。平成24年度から2カ年で、棚田の耕作放棄地2.5haが再生され、ソバや、特産の雪太郎大根等が新たに作られるようになった。


今までの経緯はこちら
 ▼「棚田」「雪」を活かして宇津俣を再生。お披露目会を開催
 ▼再生された農地で特産のダイコンとソバを栽培。そして今年も大根まつりを開催!
 ▼棚田再生で本格的に作付けを開始
 ▼中山間地の棚田を再生し、特産品づくりで地域活性化をめざす


 3年目の今年7月29日、昨年度までに再生された棚田で、本格的に野菜栽培を始めるための土づくりが、クボタeプロジェクトにより行われた。これまでも、緑肥作物のエン麦を鋤き込み、土づくりには取り組んできた。

 今回の作業の内容は、堆肥散布、心土破砕と深耕で、農機メーカーのスタッフと、農事組合法人「雪太郎の郷」の農家が参加した。


epro2014yukitaro_1651.jpg  epro2014yukitaro_1652.jpg


epro2014yukitaro_1654.jpg  epro2014yukitaro_1656.jpg


epro2014yukitaro_1657.jpg  epro2014yukitaro_1660.jpg


 作業を見守る「雪太郎の郷」の佐藤健一代表は、「ソバや雪太郎大根の栽培と、加工品の販売と棚田の米生産により6次産業化にも取り組みながら、地域の振興をしていきたい」と語った。(みんなの農業広場事務局)