提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


再生農地に児童がサツマイモを植え付け、収穫(鹿児島県霧島市牧園小学校)

2013年12月12日

 5月28日、長く耕作放棄されていたが再生された農地に、霧島市立牧園小学校の全校児童88名が、クボタ元氣農業体験教室により、サツマイモの苗を植え付け、トウモロコシやコスモスの種を播いた。


 この土地は、市街地にありながら30年ほど利用されていなかった約14a。
 牧園町麓地区街づくり促進会(以下、促進会)が2年前から草取り等行ってきたが、人力では管理がむつかしく、再生には至っていなかった。
 「これからは農をひとつの柱とする街づくりが必要」と考え、クボタeプロジェクトによる支援を申し込んだ。


5月27日、体験教室に先だって、農業機械を使って再生作業が行われ、未利用地が立派な農地に変わった。


epro2013kirishima_01.jpg
作業前の農地の状態


epro2013kirishima_3-2.jpg  epro2013kirishima_02.jpg
ソイルリフタによる耕うん・抜根作業


epro2013kirishima_04-2jpg.jpg  epro2013kirishima_06-1jpg.jpg
抜根作業と残根の処理


epro2013kirishima_07-1-2.jpg  epro2013kirishima_07-1.jpg
ロータリによる耕耘整地


epro2013kirishima_04-1jpg.jpg  epro2013kirishima_06-3jpg.jpg 
堆肥散布作業


epro2013kirishima_11-1.jpg  epro2013kirishima_12-3.jpg
左 :畦立てマルチ作業  / 右 :一部にトウモロコシの植え付け


epro2013kirishima_13.jpg
ここまできれいに再生


翌28日は、促進会、地元老人クラブのメンバーたちに植え方を教わりながら、児童たちがサツマイモの苗を植え付けた。
実りの秋には、収穫祭も行った。(みんなの農業広場事務局)


epro2013kirishima_16.jpg  epro2013kirishima_23.jpg
左 :サツマイモの植付け


epro2013kirishima_21.jpg  epro2013kirishima_24.jpg
左 :作業終了後、あいさつする(株)南九州沖縄クボタの森田社長
右 :収穫後の集合写真