提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


都会の小学4年生が稲刈りを体験(福岡県那珂南小学校)

2013年12月10日

 福岡市立那珂南小学校の4年生78名が、毎年恒例のクボタeプロジェクト(クボタ元氣農業体験教室)で、今と昔の稲刈りの両方を体験した。


 小学校は宅地やマンションに囲まれている立地で、ふだん児童が農業と接する機会はほとんどない。社会科で「5人の庄屋と村人たち」を学習したことに合わせ、お米の大切さや収穫の喜びを体験しようと、10月23日、朝倉市の綾部農園へ向かった。


epro2013fukuoka_01.jpg  epro2013fukuoka_02.jpg
左 :綾部農園の圃場
右 :昔の収穫と最近の収穫の違いを説明するため、掛干も用意


 収穫は刃物を使うことから、(株)福岡九州クボタ等の関係者が先生となり、安全作業のための注意事項を教わった。その後、児童たちは一本ずつ鎌を手に、真剣に稲を刈っていった。


epro2013fukuoka_03.jpg  epro2013fukuoka_16.jpg
開校式。那珂南小学校の児童(右)とクボタ関係者(左)


epro2013fukuoka_04.jpg  epro2013fukuoka_05.jpg
開校の挨拶。 福岡九州クボタ大橋副社長(左)と綾部農園社長(右)


epro2013fukuoka_06.jpg  epro2013fukuoka_07.jpg
安全作業の指導(左)と児童の手刈風景(右)


epro2013fukuoka_08.jpg  epro2013fukuoka_09.jpg
左 :刈取った稲を畦へ運搬
右 :校長先生も稲の説明指導


 手刈り体験後は、コンバインによる収穫を見学し、その早さに見入った。また、グレンタンクから排出された籾を見て、その早さ、綺麗さに驚いたようすだった。


epro2013fukuoka_10.jpg  epro2013fukuoka_12.jpg
左 :コンバインのデモ刈りに歓声が上がる
右 :きれいに脱穀された籾に驚嘆!


 お昼には、綾部農園でとれたばかりの新米のおにぎりを満喫。皆、笑顔でおにぎりをほおばった。最後には体験教室への感謝を込めて、全員で合唱を披露した。(みんなの農業広場事務局)


epro2013fukuoka_13.jpg  epro2013fukuoka_15.jpg
左 :待ちに待った昼食。綾部農園手作りの新米おにぎりが9升分!
右 :体験教室のお礼に、児童全員で合唱を披露