提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


小学生が昔と今の収穫、脱穀を体験学習(兵庫県神戸市北区八多小学校)

2011年03月04日

 神戸市立八多小学校の3年生21名と5年生23名が、手作業と機械による稲の収穫と脱穀をおこなって、昔と今のやり方を学んだ。


 自分たちで田植えをし、いろいろな管理をして迎えた9月17日は、「手刈りの日」。慣れない手つきで鎌を持ち、慎重に稲を刈り取った。
 一方、2条刈コンバイン「ラクティー」が、あっという間に稲を収穫。小学生たちが見守った。


  
左 :鎌で手を切らないように、慎重に / 右 :手刈りした後ははざがけをして乾燥させる



コンバインで刈取り


 手刈りした稲は、はざかけをして乾燥させ、11月5日、晴天の下、脱穀に挑戦した。
 まずは、昔ながらの千歯こきと足踏み式脱穀機で少しずつ脱穀。それに対して、2条刈コンバイン「ウィット」の脱穀は早いこと! 「昔は機械がなかったから大変だったんだ。知らなかった」と、小学生たち。また、「形が似ている!」と、今と昔の脱穀機と脱穀機構を比べて納得していた。


  
左 :地元の方に古い農機具の使い方を教わる
右 :足踏み式脱穀機で脱穀


  
左 :コンバインの脱穀部分の説明
右 :教室では、稲作と日本の農業の発展を勉強


 体験学習のまとめに、小学生たちはクボタ堺製作所へ。最新の農業機械が作られる工場を見学した。展示されていた大きなトラクタに皆感心、物作りの現場に圧倒されていた。(みんなの農業広場事務局)


  
左 :クボタ堺製造所を見学 / 右 :大きなトラクタにびっくり



みんなで記念撮影