提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


花を咲かせて賑やかに! 農商工観光連携を目指して活動続く(新潟県妙高市)

2011年03月03日

 妙高市大洞原の農地再生を、クボタeプロジェクトが支援しているようすを前回紹介したが、その後の活動を追った。


 雪解けを待って、2010年5月20日から再開された草刈、プラウ耕、肥料散布後、6月に夏そば、花の種まきが行われたが、夏の到来とともに雑草も成長。7~8月は、何度か草刈りや手作業での草取り、雑草対策の畝間耕起や除草剤散布、花の害虫防除が必要となり、作業が行われた。
 9月に入って、菜の花やほかの花の播種準備が始まった。


  
左 :そば畑に再生 / 右 :除草剤散布


  
ガザニア畑(左)とケイトウ畑(右)


9月 2日 肥料散布
   6日 トラクターで耕起
  15日 キキョウ畑と菜の花を播種


 10月には、春に植えた花畑の草取りや追肥作業も行われた。また、11月初めにはワラビを植え付け予定の圃場の草取りも行った。


 例年、11月末には雪が積もり、一帯は半年間、雪の下で眠りにつく。雪解けとともに花がいっせいに咲き出す春の到来が待たれている。(みんなの農業広場事務局)