提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


農商工観光連携による農地再生で地域を活性化しよう(新潟県妙高市)

2010年06月16日

 越後富士と呼ばれる妙高山のふもと、新潟県妙高市大洞原。冬場は3mほどの積雪がある地域で、戦後の入植により、牧草やトマトの栽培が行なわれてきたところだ。
 農家の高齢化などにより耕作放棄地が増加しているが、今回、10年ほど放置された圃場約3.5haで、クボタeプロジェクトの支援による耕作放棄地再生作業が行われている。


 作業の主体となるのは「妙高大洞原農地再生推進協議会」
母体である(有)妙高ファームは、「妙高山麓直売センターとまと」の運営など、農商工連携による地域全体の活性化を図っている。
再生された圃場には、花のほか、山菜やソバなどを植える予定で、これによって人を呼び込み、直売施設やクラインガルテン(滞在型市民農園)を含めた地域全体に、人の流れをつくるのが目的だ。


クボタeプロジェクトによる作業は以下の通り。
 2009年11月17日、27日 事前草刈り作業 
  ※積雪により作業中断
 2010年5月20日、21日  草刈り、耕うん(プラウ)
       6月1日、2日    耕うん(プラウ)、肥料散布(ブロードキャスタ)、ソバの播種


   
左 :草刈り作業 / 右 :協議会メンバーとクボタ関係者との事前打合せ 


  
雑木を切り倒し、チョッパーで粉砕


  

左 :プラウによる耕うん作業 / 右 :ブロードキャスタによる肥料散布


  
ロータリー耕。奥に見えるのはクラインガルテン(滞在型市民農園)
  

 草刈りや耕うん作業には機械が威力を発揮したが、土中には噴火による石が多く、ひとつひとつ手で拾うしかない。そんな苦労を経て再生された圃場に対し、地域の人からは驚きの声が上がった。


 妙高大洞原農地再生推進協議会の山田事務局長は、
「機械を使うと、荒れた土地が2、3日ですっかりきれいになるのには驚いた」
「農業と観光との連携で妙高を再生したいという夢がある。再生地は、菜の花から始まり、雪が降るまで花が絶えないようにする予定だ。3年後には立派な花畑にしたい」


 6月11日には、地域の人たちによる、花の種まきが行われた。
来年はさらに2haほど開墾する予定だという。


  
地域の女性による花の種まき作業


 また、6月2日には、関西経済連合会「食と農専門委員会」約20人が当地を視察に訪れた。

 入村明妙高市長による「妙高市における農業の観光振興の拠点づくり」と題した講演と、新潟クボタの吉田社長による「eプロジェクトによる耕作放棄地再生支援」の説明があり、その後、現地の作業やクラインガルテン、直売所などの視察をおこなった。

 農商工・観光連携の動きには、今後も注目していきたい。(みんなの農業広場事務局)


  
左 :新潟クボタ吉田社長による報告 / 右 :圃場視察


  
左 :妙高山麓直売センターとまと / 右 :視察団と妙高大洞原農地再生推進協議会のメンバー