提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


播種から収穫まで、小学5年生が米作りを体験(山口県光市)

2010年03月09日

 「クボタeプロジェクト・クボタ元氣農業体験教室」では、田植え、稲刈り、収穫物の試食などの稲作体験を通じて、食と農業の教育をサポートしている。この稲作体験に、山口県光市立岩田小学校の5年生39名が取り組んだ。


 5月12日 籾まき。児童二人で一箱に種をまき、田植えの準備
 5月22日 荒起こし
 6月 9日 代かき (山口クボタ(現中国クボタ)による作業)
 6月12日 田植え
 7月31日 田んぼの除草 (山口クボタ(現中国クボタ)による作業)
 8月 2日 畔周りの除草 (山口クボタ(現中国クボタ)による作業)
 9月25日 稲刈り、掛干し
 10月5日 脱穀


  

左 :籾まき / 右 :荒起こし


  

田植え


  
収穫


  
左 :掛け干し / 右 :脱穀

 
 5カ月にわたって、5年生は米作りを体験し、「お米はどのようにしてできるか」「お米作りの農作業の大変さ」を、身をもって知った。特に、慣れない手つきで稲を刈り取った田んぼにコンバインが入ると、あっという間に収穫が終わり、農業機械の素晴らしさを目の当たりにした。

 
 その後、岩田小学校では、育てた米を使い、餅つきをして収穫祭をおこなった。子供たちは収穫の喜びを感じながら、秋の実りを味わった。(みんなの農業広場事務局)