提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「クボタ元氣農業体験教室」で小学5年生が稲刈りにチャレンジ(兵庫県豊岡市、神戸市)

2009年12月24日

クボタeプロジェクトの一貫として、(株)クボタは、お米を学ぶカリキュラムがある小学5年生を主たる対象に、「クボタ元氣農業体験教室」を開いている。稲作体験をして、農業への理解を深めてもらおうというものだ。


2009年9月15日、豊岡市立小坂小学校の児童18名が、稲刈りに挑戦した。
5月に田植えを行った田んぼでは、「こうのとりはぐくむ農法」により減農薬で育てた稲を、全員で手刈りした。刈られた稲は束ねられ、稲木(いなき)にかけて天日干しをした。
小学生たちには全てが初めてのことで、稲の刈り方、束ね方も一から教わって、真剣に作業に取り組んだ。

  
左 :鎌を使って稲刈り作業開始! / 右 :豊岡改良普及センターの方に教わりながら稲を束ねる 


  
刈り取った稲を束ねて、いなきに掛ける 


   ◆◆◆◆◆


神戸市立湊山小学校の5年生34名は、9月17日、神戸市西区木津地区で行われた体験教室に参加した。近隣の小学校4校と合同であったため、大人数が一斉に手刈り作業を行った。脱穀はコンバインで行い、排出された切りワラの処理も小学生の手によってされた。


  
左 :手刈り作業開始 / 右 :脱穀はコンバインで 


  
左 :作業がはかどり、刈り取り面積が広がる / 右 :コンバインから出る切りワラの処理