提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


休耕地を復元して野菜栽培に活用(鹿児島県薩摩川内市)

2009年11月05日

一面を雑草に覆われた作業前の対象地2009年7月30・31日、鹿児島県薩摩川内市でクボタeプロジェクトによる耕作放棄地再生作業が行われた。

(有)南国ファームは2008年6月に設立され、鹿児島県内で耕作放棄地を利用して、有機栽培を中心に野菜栽培に取り組んでいる。目標とする面積は100ha。今回、クボタeプロジェクトの支援を受けて、市内樋脇町で放棄地0.5haを再生した。
右 :一面を雑草に覆われた作業前の対象地 


対象地は一面雑草に覆われており、草丈は1.2m、雑木もたくさん生えていた。
雑草をフレールモアで刈り取った後、プラウ耕で起こした土地は、見違えるような農地に生まれ変わった。

南国ファームは、この土地でダイコン、人参、ニンニク等の野菜を栽培する。地域の活性化にもなれば、との考えだ。(みんなの農業広場事務局)


雑草雑木に覆われた圃場をフレールモアで草刈り  草刈り後、リバーシブルプラウによる耕起作業
左 :雑草雑木に覆われた圃場をフレールモアで草刈り 
右 :草刈り後、リバーシブルプラウによる耕起作業


プラウ耕の後にロータリで整地中  作業が終了。いつでも野菜栽培が可能な耕地が完成した
左 :プラウ耕の後にロータリで整地中 
右 :作業が終了。いつでも野菜栽培が可能な耕地が完成した