提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「クボタ元氣農業体験教室」で小学5年生が稲刈りにチャレンジ(兵庫県豊岡市、神戸市)

2009年12月24日

クボタeプロジェクトの一貫として、(株)クボタは、お米を学ぶカリキュラムがある小学5年生を主たる対象に、「クボタ元氣農業体験教室」を開いている。稲作体験をして、農業への理解を深めてもらおうというものだ。 2009年9月15日、豊岡市立小坂小 … 全文を読む>>

30年間放棄された土地にコスモスが咲いた!(兵庫県丹波市)

2009年12月24日

昭和46年(1971年)に構造改善事業によって整備されたまま、一度も農地として使われたことがなかった土地が、コスモスと牧草が広がる圃場に見事に甦った。 兵庫県丹波市市島町の樽井育農会(土田正二代表、15人)は、30年近く耕作放棄されていた市 … 全文を読む>>

再生農地で特産品を作る!(熊本県天草市)

2009年12月 4日

 熊本県下で最も耕作放棄地率の高い天草地方で、クボタeプロジェクトによる再生作業と特産品作りがスタートした。  天草市金焼地区にある水田(湿田)に客土したままの状態で、耕作されていなかった60a(30a×2)の再生作業を、中九州クボタのスタ … 全文を読む>>

耕作放棄地活用のモデルとして、ねぎ畑への再生(千葉県我孫子市)

2009年12月 4日

千葉県我孫子市北新田地区は、千葉県北部の利根川沿いに位置し、利根川の調節池としての役割をもっている。利根川が増水した場合は農作物に被害が出てしまうこと、さらに高齢化・担い手不足等により、特に畑は耕作放棄地が増加する傾向にある。     今回 … 全文を読む>>

廃ブドウ園の再生で地域活性化をはかる(山形県川西町)

2009年11月27日

山形県東置賜郡川西町の雁鏡ぶどう団地は、昭和47年に山林を開墾、48年から約10haでぶどう生産を開始した。近年、高齢化・後継者不足などから廃園する組合員が増え、現在は残った6戸でぶどう生産を行うほか、耕作放棄された園地の一部を活用して“た … 全文を読む>>

特産「吉野ガーリック」作付けで耕作放棄地の解消と特産の生産拡大を!

2009年11月 6日

佐賀県吉野ヶ里町上三津東地区は佐賀県東部に位置し、人口約150人。2年前に吉野ヶ里にんにく部会が作られ、町の特産物として、ジャンボニンニクを「吉野ガーリック」と名付け、作付け面積をふやしている。昨20年度には、約3000㎡の耕作放棄地を解消 … 全文を読む>>

再生農地で無農薬栽培にチャレンジ!(鹿児島県霧島市)

2009年11月 6日

(有)フクヤマは、鹿児島県霧島市内の耕作放棄地をクボタeプロジェクトの支援を受けて再生利用し、まずはニンニクを栽培する。 霧島市隼人町後原地区の対象地は、山間部にある1.5haほどの比較的平坦な土地である。10年ほど耕作されなかったため、草 … 全文を読む>>

休耕地を復元して野菜栽培に活用(鹿児島県薩摩川内市)

2009年11月 5日

2009年7月30・31日、鹿児島県薩摩川内市でクボタeプロジェクトによる耕作放棄地再生作業が行われた。 (有)南国ファームは2008年6月に設立され、鹿児島県内で耕作放棄地を利用して、有機栽培を中心に野菜栽培に取り組んでいる。目標とする面 … 全文を読む>>

2年目のソバの出来に満足。耕作放棄地再生の取り組み in 国富町(宮崎県国富町)

2009年11月 2日

宮崎県国富町籾木地区の「籾木地域農地・水の会(片山克宏会長)」は、クボタeプロジェクトの支援を受けて、今年も耕作放棄地にソバの作付けを行った。ソバを育てて耕作放棄地を減らし、豊かな景観を取り戻そうという取り組みだ。 ●1年目の取り組みはこち … 全文を読む>>

耕作放棄地再生で菜の花プロジェクトを進めよう(福井県越前市)

2009年10月23日

福井県越前市丸岡町では、今年度クボタeプロジェクトの支援を受けて、耕作放棄地50aの再生の取り組みが始まっている。 8月3~6日、10年以上放棄されていた土地の復元作業が行われた。 50aの耕作放棄地には2~3mもの高さに成長した木が数本点 … 全文を読む>>

アーカイブ

をクリックすると開きます