農業生産法人大盛堂生産農場(長野県駒ヶ根市)の大豆栽培の日々をお伝えします。

RSS

大豆播種がスタート!

2008.06.13

【播種作業がスタート】

 17haある水稲の田植えも5月末にようやく終わり、続いて6月5日から大豆の播種作業をスタートしました。 
 本年の入梅は例年になく早く、晴れ間をみて作業が続きます。

種子大豆(ギンレイ)  紫斑病と鳥害予防のために薬剤(キヒゲンR-2フロアブル)を塗布した種子大豆(ギンレイ)
写真 左:種子大豆(ギンレイ) / 右:紫斑病と鳥害予防のために薬剤(キヒゲンR-2フロアブル)を塗布した種子大豆(ギンレイ)


【大盛堂オリジナル肥料】

 緩効性窒素肥料(全量基肥一発)を使用しています。大豆は生育初期に窒素吸収量が多いと、根粒菌の働きが弱くなる特徴があります。

大盛堂オリジナル肥料(全量基肥一発)
写真 :大盛堂オリジナル肥料(全量基肥一発)


 この肥料は、速効性窒素分を抑え、緩効性被覆窒素LPコートS100(シグモイド型)が配合されているため、根粒菌の機能を低下させることなく、生育期間を通じて窒素供給ができるように設計されています。

 播種と同時に施肥することで、省力化とともに増収効果も期待できます。
 10アール当たりの施肥量は40kg(窒素成分量:3.2kg)を標準としています。

 シグモイド型: 一定期間経過してから肥効があらわれるタイプ
 

【播種作業】

 トラクターに耕起施肥同時播種機を装着して作業を進めていきます。

播種作業の様子  播種作業の様子

播種作業の様子  播種作業の様子
写真 :播種作業の様子。耕起施肥同時播種機で作業効率アップを図っています。


 10アール当たりの播種量は8kg、畝幅60cm間隔で播種していきます。長野県上伊那地域の標準播種量4~5kgと比べると約倍量の播種量です。発芽率80%とすると、10アール当りの栽植本数は約20,000本となります。


(※画像をクリックすると大きく表示されます)

上へ戻る