農業生産法人大盛堂生産農場(長野県駒ヶ根市)の大豆栽培の日々をお伝えします。

RSS

大豆の検査

2007.12.13

 色彩選別機で最後の調整を行った後、検査を受けてJAへ出荷します。
 今回は大豆の検査の様子をお伝えします。
                   
 1.大豆品質を確認
  検査前に品質を確認する大沼会長。

検査前に品質を確認する大沼会長


 2.検査風景
  大豆の検査は、(農)大盛堂生産農場の倉庫で行われました。
  事前に1袋ずつ袋の口をあけて検査を待ちます。全て手作業なため結構重労働です。

  今回は1回目の検査で「ギンレイ」354袋が検査されました。
  農産物検査の資格を持つJAの担当者が、1袋ごと慎重に検査を行いました。

検査風景


 3.検査終了
  検査が終了したものは、等級印が押され、袋の口を閉じていきます。
  その後、パレットに積まれ、JAへ出荷されます。

検査が終了


 4.出荷先
 (農)大盛堂生産農場で生産された大豆は、JAへ出荷された後、県内を始め関東・関西方面の実儒者へ引き渡されていきます。

上へ戻る