提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


野菜

今年は夏場に低温があったためか、ピーマンの小玉果が目立ちました。来年に向けた対策を教えて下さい。

小玉果というのは、肥大が不十分もしくは肥大が止まった、いわゆる「石果」のことでしょうか。ここでは「石果」を前提に回答します。
ピーマンの着花時の適温は16~30℃と言われており、開花後に15℃以下の低温が続くと、「石果」が発生しやすくなります。早めの摘果を心がけて、株の負担軽減を図るとともに、生育状態に合わせた追肥で後半の収穫に期待しましょう。