提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


野菜

7aの畑に、軽トラックにのせた牛堆肥をまこうと思います。耕す前と後と、どちらがいいでしょうか。

堆肥の散布は手間がかかります。そのため、耕耘前の機械散布が一般的です。
軽トラックで圃場へ乗り入れることが可能であれば、移動しながら荷台からスコップで散布することをおすすめします。


牛糞堆肥に含まれる肥料分は入手先によりバラツキはありますが、チッソ、リン酸、カリの含有率は約2%です。
各成分の肥効率(化学肥料の効果を「1」とした場合)はチッソ0.3リン酸0.8、カリ0.9です。チッソの例をとると牛糞堆肥1tには、化学肥料換算で約6kgのチッソが含まれています(1000kg×0.02×0.3=6kg)。
7a当たり2t程度を散布して、不足分は化学肥料で補ってはいかがでしょうか?


なお、未熟な堆肥は生育不良の一因になりますので注意が必要です。